Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅、中小企業向けメールセキュリティアプライアンスを発売 - HDE

HDEは、中堅や中小企業をターゲットとしたメールセキュリティアプライアンスサーバ「tapirus Mi1000」を10月26日に発売する。

同製品は、ウイルス対策機能と迷惑メール対策機能を搭載した1Uサイズのアプライアンスサーバ。ウイルス対策としてエフセキュアのエンジンを採用した。

一方、迷惑メール対策エンジンには、同社の迷惑メール対策ソフト「HDE Anti-Spam」と同等のエンジンを採用。メールを受信する際には、接続元の正当性の確認やコンテンツ内容によるフィルタリングなど行うことができる。価格は49万8000円。

091007hd.jpg
奥行きが従来1Uサーバーと比較して約1/4のシャーシを採用した

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応