Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅、中小企業向けメールセキュリティアプライアンスを発売 - HDE

HDEは、中堅や中小企業をターゲットとしたメールセキュリティアプライアンスサーバ「tapirus Mi1000」を10月26日に発売する。

同製品は、ウイルス対策機能と迷惑メール対策機能を搭載した1Uサイズのアプライアンスサーバ。ウイルス対策としてエフセキュアのエンジンを採用した。

一方、迷惑メール対策エンジンには、同社の迷惑メール対策ソフト「HDE Anti-Spam」と同等のエンジンを採用。メールを受信する際には、接続元の正当性の確認やコンテンツ内容によるフィルタリングなど行うことができる。価格は49万8000円。

091007hd.jpg
奥行きが従来1Uサーバーと比較して約1/4のシャーシを採用した

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応