Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅、中小企業向けメールセキュリティアプライアンスを発売 - HDE

HDEは、中堅や中小企業をターゲットとしたメールセキュリティアプライアンスサーバ「tapirus Mi1000」を10月26日に発売する。

同製品は、ウイルス対策機能と迷惑メール対策機能を搭載した1Uサイズのアプライアンスサーバ。ウイルス対策としてエフセキュアのエンジンを採用した。

一方、迷惑メール対策エンジンには、同社の迷惑メール対策ソフト「HDE Anti-Spam」と同等のエンジンを採用。メールを受信する際には、接続元の正当性の確認やコンテンツ内容によるフィルタリングなど行うことができる。価格は49万8000円。

091007hd.jpg
奥行きが従来1Uサーバーと比較して約1/4のシャーシを採用した

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など