Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLab、ホワイトリストで不正ソフトの行動を制限する無償ソフト - 既存製品との併用も可能

KLabは、不正プログラムによるファイルへのアクセスを防止できるセキュリティ対策ソフト「イージスガード」の無償提供を開始した。

同ソフトは、登録したプログラムに限定してファイルへのアクセスを許可する「ホワイトリスト」方式を採用したセキュリティ対策ソフト。ウイルスをはじめとするユーザーが許可していないプログラムが、フォルダやファイルへアクセスし、情報漏洩などが発生することを防止する。

また不正アクセスの通知や記録を行うことが可能。さらに利用するホワイトリストを自動生成する機能や、プログラムの改ざんチェック、デジタル署名の検証機能なども備えている。

同ソフトではウイルスの駆除機能は備えていないが、消費メモリは2Mバイト程度のため従来ソフトと併用することが可能。同社では、SymantecやMcAfee、Panda Software、ALWIL Softwareが提供している既存ウイルス対策製品で動作を確認したという。

今回同ソフトは、個人向けとして公開されているが、同社によれば、サポートはウェブのFAQに限定されるものの、法人でも無償で利用できるという。今後同社では、ソフトウェアの利用動向などを踏まえた上で、一元管理機能などを備えたエンタープライズ向け製品の製品化についても検討していく。

(Security NEXT - 2009/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス