Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBデバイスの管理システムに最新版 - ティエスエスリンク

ティエスエスリンクは、USBデバイス管理システムの最新版「セキュアポーター for USB Pro Ver.2.0」を発売した。

同製品は、USBデバイスをサーバで一元管理することで、管理者が許可したUSBデバイスへ利用を限定できるセキュリティソリューション。利用履歴やファイルの操作履歴をログへ記録することが可能。またウイルスなどに悪用されるおそれがあるオートラン機能をサーバ側で強制的に無効化できる。

オプションとしてファイルの暗号化機能が用意されており、最新版では、利用者がパスワードを忘れた際に管理者が復号化できる「レスキューツール」を用意した。価格は、基本パッケージ52万5000円、ライセンス4200円/PCから。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2009/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始