Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が求職者情報を他社へ持ち出し - 文化放送関連会社

人材紹介業を展開する文化放送キャリアゲートは、元従業員2人が業務で取り扱った顧客の個人情報を他社へ持ち出したことを明らかにした。

同社が管理する求職者に関する個人情報1471件を、元従業員がCD-Rやデータファイルなどを利用して不正に持ち出したもの。氏名、住所、電話番号のほか、学歴や職歴など含まれる。

同社によれば、9月10日にメールのログにより、8月時点の持ち出しが判明。同社では、持ち出し先となった元従業員が現在勤務する人材紹介会社へ利用の中止を要求したところ、内部調査の結果として不正持ち出しや不正使用の事実を認める回答があったという。

また持ち出された個人情報が不正に利用され、29人へ連絡が行われていたことが判明。同社では、利用停止や証拠保全など流出先へ求め、今後も調査を継続する。

さらに持ち出した元従業員に対して、不正競争防止法や不正アクセス禁止法違反による刑事告訴の準備を進めている。

(Security NEXT - 2009/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者