Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクション攻撃による改ざんが発生 - タイ政府サイトも被害

トロイの木馬に起因したSQLインジェクション攻撃が発生している。トレンドマイクロが観測したもので、正規サイトの改ざん被害が広がっているという。

活動が確認されたのは、トロイの木馬「TROJ_ASPROX」。「Microsoft Active Server Pages」により構築されたウェブアプリケーションの脆弱性を目標としており、IFRAMEタグを埋め込むことで不正サイトへ誘導しようとするという。

すでに海外では、タイ警察をはじめとするタイ政府関係の複数サイトにおける改ざんなど被害が拡大。こここ数カ月で増加傾向にある「偽セキュリティソフト」の押し売りに悪用されている。

問題のサイトへアクセスすると「TROJ_DLOADER.DNG」がダウンロードされ、さらに実際は不正プログラムである偽セキュリティ対策ソフト「Antivirus Pro 2010」のほか、多重感染が発生するおそれがある。また個人情報の詐取やキー入力の盗聴といった被害を受ける可能性も含まれる。

(Security NEXT - 2009/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸