Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、IDやパスワードの盗難に関するオンラインゲーム利用者からの相談や届け出が増加しているとして注意喚起を行った。

ゲーム内に登場する仮想通過やアイテムを、不正に実際の金銭で売買する「RMT(Real Money Trading)」が行われており、攻撃の対象となっていることから注意を呼びかけたもの。同機構には、1月から9月までに31件の相談が寄せられており、その約半数は7月から9月に集中しているという。

ゲーム内で他利用者から勧められたツールをインストールしたが実際はウイルスで、アカウントを盗まれた事例や、ゲームプレイ中に運営者と名乗るキャラクターからチャットでIDやパスワードを尋ねられ、誤って教えてしまい、被害に遭ったケースなど紹介している。

同機構では、OSのアップデートやセキュリティ対策ソフトの活用といったウイルス対策の実施や、ソーシャルエンジニアリングへの注意など、オンラインゲームユーザーへ対応を呼びかけた。

今回同機構が指摘した「RMT」は、こうしたサイバー犯罪をともなう不正取引の温床となるだけでなく、ゲームバランスを崩すなど別の面でも問題が指摘されている。禁止行為と定めているオンラインゲーム運営者も少なくなく、アカウントの停止など対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
「剣と魔法のログレス」利用者アカウントの不正売買、27件が被害
「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン
【特別企画】年々巧妙化するネットゲームのチート行為 - 専門家が考える対策とは
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど
フィッシング報告、3か月連続で増加 - 違和感ない日本語メールに注意
NISCとVRMMOアニメ「SAO」がタイアップ - IPAも採用か
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面