Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク関連会社が運営する競馬情報サイトでシステム障害 - 個人情報が閲覧可能に

ソフトバンク関連会社のオッズ・パークが運営する競馬情報サイト「オッズパーク」において他会員の個人情報が閲覧可能となるシステム障害が発生したことがわかった。同社では、7日時点においてもシステムを停止しており、復旧の目処はたっていない。

同社によれば、10月1日10時のサービス開始時から10時12分にシステムを停止するまで、PCや携帯電話でサイトへアクセスした場合、他会員の個人情報が閲覧できる状態になったという。

同社ではサービスを停止してシステムを改修を実施し、2日よりサービスを再開したが、4日に再び携帯電話でアクセスした顧客で同様の問題が判明。システムを開発した伊藤忠テクノソリューションズなどと原因の究明を進めたところ、重大な問題が明らかとなり、再び運用を停止している。

閲覧可能となった会員情報は、氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、ニックネーム、ID、加入者番号、馬券購入情報など。同社では影響を受けた会員へ個別に連絡を行っている。

復旧の見込みははっておらず、電話などを利用する一部サービスを除き現在もシステムを停止している。同社では、個人情報が漏洩した可能性のある会員に対し、個別に連絡するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
医療費受給者証の更新申請書で個人情報を誤記載 - 下関市
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ
措置児童の情報含むレセプトや連名簿などを紛失 - 岐阜県
労災関連資料を保存期間誤り廃棄 - 大阪南労基署
障害者福祉施設の利用者名簿を第三者へ誤送信 - 台東区
個人情報を一般古紙として廃棄、圧縮され回収不能に - 福岡市