Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実在個人情報から架空の個人情報を生成するシステムの最新版 - アグレックス

アグレックスは、実在の個人情報を架空のデータに変換する「個人情報秘匿システム」の最新版を発売した。

同製品は、実在する個人情報から、システムテスト用の架空の個人情報を作成するシステム。氏名や住所などの属性を保ったまま一定のルールに従って変換するため、システムの稼働テストに利用できる。

従来は姓名をあわせて変換していたが、今回発売となる最新版では、姓と名をそれぞれの単位ごとに変換することが可能で、まったく異なる姓名情報へ変換できるようになった。また住所情報変換の際、都道府県や市区郡など変換部分の指定が可能になったほか、テストごとに変換ルールを変更できる。

そのほか、ユーザーインターフェースの拡張やパフォーマンスの向上、UNIX、Linuxへの対応などを実現。最新版の提供に合わせ、必要な期間だけ利用できるレンタル提供を開始したほか、ファイル内に含まれる個人情報を検索する機能を追加した。

(Security NEXT - 2009/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション
NEC、メール製品に添付ファイルのPDF化機能など提供
「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能
キヤノンITS、サービスプロバイダ向けメールセキュリティ製品に新版
「CyberMail」に添付ファイルを画像化する新機能
ブラウザによる閲覧を実現するファイルを変換ソフトに新版
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ
マイナンバーカードの画像をOCR認識、送信するライブラリ - 富士通BSC
ソフォス、暗号化製品に新版 - 端末間の共有ファイルも暗号化
お菓子の「ポッキー」や「ビスコ」でプログラミング学べるアプリ「グリコード」