Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSサービスがサイバー攻撃の対象に - エフセキュアが2009年度第3半期を総括

エフセキュアは、2009年度第3半期のセキュリティに関するトピックスを取りまとめた。

「Mac OS X Snow Leopard」や「Windows 7」など最新OSのリリースや、Firefox 3.5.3へ搭載されたAdobe Flash Player旧バージョン利用時の警告機能など、セキュリティ対策機能が強化されたことを伝えている。

またYahoo!が検索エンジンとして、あらたにMicrosoftのBingを採用し、フィルタリング機能を強化したことについて、こうした競争がセキュリティを強化すると指摘した。

一方、SNSサイトなどがサイバー犯罪や政治的な攻撃の対象となっていることや、マレーシアの独立記念日8月31日には大規模なDDoS攻撃が発生して100件以上ウェブサイトが改ざんされた事件などを報告している。

(Security NEXT - 2009/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
6割「ネットでの完全なプライバシーの確保は不可能」
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
「情報セキュリティサービス基準適合サービス」が100件を突破
75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題