Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSサービスがサイバー攻撃の対象に - エフセキュアが2009年度第3半期を総括

エフセキュアは、2009年度第3半期のセキュリティに関するトピックスを取りまとめた。

「Mac OS X Snow Leopard」や「Windows 7」など最新OSのリリースや、Firefox 3.5.3へ搭載されたAdobe Flash Player旧バージョン利用時の警告機能など、セキュリティ対策機能が強化されたことを伝えている。

またYahoo!が検索エンジンとして、あらたにMicrosoftのBingを採用し、フィルタリング機能を強化したことについて、こうした競争がセキュリティを強化すると指摘した。

一方、SNSサイトなどがサイバー犯罪や政治的な攻撃の対象となっていることや、マレーシアの独立記念日8月31日には大規模なDDoS攻撃が発生して100件以上ウェブサイトが改ざんされた事件などを報告している。

(Security NEXT - 2009/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
2019年3Qの脆弱性届け出が3割減 - 目立つウェブ関連
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増