Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料セキュリティ対策ツール「Microsoft Security Essentials」が公開

マイクロソフトは、セキュリティ対策ソフト「Microsoft Security Essentials」を公開した。インターネット上からダウンロードし、無料で利用することができる。

同ソフトは、Windows XP SP2以降に対応した「Windows Live OneCare」の後継製品。コードネーム「Morro」として開発され、2008年11月に2009年後半へ市場へ投入することがアナウンスされていた。

常駐でウイルスやスパイウェアなどの監視を行うほか、IEのプライバシー機能など基本的なセキュリティ機能を搭載。また同社のエンタープライズ製品「Forefront」と同様の定義情報が提供される。

(Security NEXT - 2009/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン