Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

すべてのプログラムを常時監視する新機能を搭載した「BitDefender 2010」

サンブリッジソリューションズは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「BitDefender Total Security 2010」「BitDefender Internet Security 2010」「BitDefender Antivirus 2010」を発売した。

最新版では、ダウンロード時などに限らず、PC上にあるすべてのプログラムを常時監視し、悪意の疑いのある処理を検知する「アクティブ・ウィルス・コントロール(AVC)」機能を搭載した。

また安全を確認したファイルのスキャンをスキップすることによるスキャンスピードの向上やユーザーレベルに合わせ、初級者、中級者、上級者などそれぞれに対応する3モードを用意した。

価格は、「BitDefender Total Security 2010」が6480円、「BitDefender Internet Security 2010」が4980円、「BitDefender Antivirus 2010」が3980円。

(Security NEXT - 2009/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン