Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サモア地震に便乗する攻撃が早くも発生 - 複数ベンダーが注意喚起

日本時間30日に南太平洋のサモア諸島近辺で発生した地震の話題へ便乗する攻撃が確認された。

従来より災害や芸能、時節のイベントなど注目集める話題やキーワードに便乗して、スパムや検索エンジン経由で不正サイトへ誘導するケースが後を絶たないが、早くもサモア地震が標的となっている。

検索エンジンにおいて「SAMOA EARTHQUAKE」「SAMOA TSUNAMI」など検索すると、結果上位に不正サイトが確認されており、F-Secureやセキュアブレインなど複数のセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か
4月にフィッシング報告が半減 - 誘導先URLや悪用被害のブランドも減少