Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で大学関係者のアドレスが流出 - 総務省

総務省は、大学関係者13人に事務連絡メールを送信した際、誤って全員のアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、四国総合通信局が情報通信分野の大学研究者13人に送信した事務連絡メール。9月29日17時21分に一斉送信した際、全員のアドレスが表示された状態で送った。

同局では関係者に報告と謝罪を行うとともに、誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2009/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信
英会話教室でメール誤送信、保護者のメアドなど流出 - 東京ガイダンス
洋菓子通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
記者宛のメールで送信ミス、メアド流出 - 大阪市
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
不正アクセスでクレカ情報流出のおそれ - モーターマガジン社
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP