Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール対策製品「SPAM SHOOTER」に大規模ユーザー版を追加 - テックリンク

テックリンクは、迷惑メール遮断専用アプライアンス「EEZ SPAM SHOOTER」に、150ユーザーモデルを追加した。

同製品は、既存のシステムと組み合わせて利用できるPOP3へ対応した迷惑メール遮断アプライアンス。フィルタリングには「Cloudmark」のエンジンを採用。スパムと判定されたメールはサーバ内で隔離される。

また、管理者専用インターフェースからスパムと判定されたメールの確認や救済措置が可能なほか、個々のユーザーごとの柔軟な設定も可能。今回、従来の50ユーザーモデルにくわえ、150ユーザーが追加された。

(Security NEXT - 2009/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - サンウェル
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
不正アクセスでクレカ情報流出のおそれ - モーターマガジン社
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET