Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ仮想化機能を搭載した「Check Point Endpoint Security」最新版 - NECソフト

NECソフトとNECは、クライアントPC向け統合セキュリティソフトの最新版「Check Point Endpoint Security(R72)」を、10月6日より販売開始する。

同製品は、イスラエルCheck Point Software Technologiesが開発したエンドポイント用セキュリティ対策ソフト。ファイアウォールやウイルス対策をはじめ、プログラムやアクセスの制御、リモートアクセス、ハードディスクやメディアの暗号化、ポート制御など複数のセキュリティ機能を提供する。

今回の最新版ではブラウザセキュリティを強化。独自のブラウザ仮想化技術により、ウェブやブラウザを介した脅威を防ぐ。また未知のウイルスに対応するヒューリスティック検知や、マルウェア配布サイトの検出機能、シグネチャベースのアンチフィッシング機能も搭載している。

また、認証連携機能を強化。OS起動前認証により、WindowsのログオンやVPN、リムーバブルメディアに対する認証の連携が可能となり、安全性を損なうことなく利便性の向上を実現した。このほか、VPNクライアントの強化や対応言語の追加、Windows Vista 64ビット版への対応などが行われた。

(Security NEXT - 2009/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
バッファロー、外付けHDDの故障予測サービス - 無償ソフトを提供
デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ