Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンクで振込先がリアルタイムで不正口座へ変更される「MITB」に効率化の動き

トロイの木馬を利用してクライアントPCのブラウザを乗っ取る「MITB(Man in the Browser)」攻撃が巧妙化している。攻撃を観測したRSAセキュリティではメディア向けに説明会を開催し、注意を呼びかけている。

「MITB」は、トロイの木馬へ感染したクライアントPCで、ユーザーがブラウザから入力する情報を、ドロップサーバを通じて不正に入手するほか、リアルタイムにセッションを乗っ取り、インターネットバンキングなどで不正口座へ送金させる手口。

クライアントPC側で振り込む際、正しい情報を入力していながらリアルタイムに不正な口座情報へ書き換えられ、振り込ませるため、感染PC上では攻撃を防止するのが難しい攻撃のひとつとなっている。

この攻撃におけるひとつの特徴は、直接犯罪者へ送金されるのではなく、「ミュール」と呼ばれる一時送金先を経由することによりマネーロンダリングが行われている。

090929rs3.jpg
MITBによる不正送金の流れ(RSAセキュリティ)

(Security NEXT - 2009/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
仮想通貨取引所やウェブウォレットのアカウント情報がマルウェアの標的に
100万件超ダウンロードされた人気ゲームアプリに「バックドア」 - Doctor Webが指摘
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェアメールの着信国、日本が2番目
「Gozi」の後継「DreamBot」による不正送金被害が1月に発生