Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EZwebの「とくする情報」で一部会員登録情報が別のユーザーから閲覧可能に

携帯電話向けに広告事業などを展開しているmedibaは、システムの不具合により、au携帯電話向けインターネットサービスのウェブサイト上で一部会員情報が流出したことを明らかにした。

不具合が生じたのは、同社がEZweb上で提供している情報サイト「とくする情報」。同サイトにおいて特定の会員番号に対して繰り返し会員登録が行われる問題があり、一部新規登録会員の情報が別のユーザーから閲覧できる状態になった。

不具合は、9月16日22時半ごろから翌17日0時過ぎまでと、17日21時半前から22時過ぎまでの2度にわたり発生。登録を行った1507人のうち、15人の情報について最大67人が閲覧した可能性があるが、対象となるユーザーは特定できないという。

閲覧可能となった情報は、ニックネームや携帯電話のメールアドレスのほか、任意で登録できる氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、PC用のメールアドレスなども含まれる。

同社では9月18日に問題へ気がつき、同日深夜にプログラムの修正を実施。不正利用の報告などは受けていないとしている。

(Security NEXT - 2009/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構