Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年上半期の違法・有害情報の通報は6万2462件 - 警察庁まとめ

警察庁は、2009年上半期に「インターネット・ホットラインセンター」へ通報されたネット上の違法や有害情報について取りまとめた。

同センターでは、一般のインターネットユーザーからネット上の違法および有害情報に関する通報を受け付け、警察への通報やプロバイダへの削除要請などを行っている。同センターの発表によれば、2009年上半期に受理した通報件数は6万2462件で、前年同期の6万6832件から6.5ポイント減少した。

受理した通報のうち、わいせつ物や児童ポルノ、出会い系サイトに関する情報など法令に違反する「違法情報」は1万573件。前年同期の6139件から72.2ポイントの大幅な伸びを見せた。

そのうち最も多かったのが「わいせつ物公然陳列」で46.2%。次いで「児童ポルノ公然陳列」25.6%、「出会い系サイト規正法違反の誘引」9.6%と続く。

また、殺人など違法行為の請負や集団自殺の呼びかけなどの「有害情報」は3535件で、前年同期の2727件から29.6ポイント増加した。一方、違法および有害情報には分類されないその他の情報は5万3370件で、前年同期の6万1278件から12.9%ポイント減少した。

同センターからプロバイダに対し、「違法情報」として削除要請が行われたのは5086件。そのうち84.0%の4271件について削除が実施されたという。また「有害情報」の削除要請は1151件で、77.5%に当たる892件が削除された。また検挙に至ったケースは52件あった。

同センターでは外国のホットラインとの連携を強化しており、2009年上半期には海外のホットラインとの連絡組織「INHOPE」を通じて海外に349件の通報を行った。また海外からは313件の通報を受理し、警察への通報やプロバイダへの削除依頼を実施した。

(Security NEXT - 2009/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
「リベンジポルノ」削除依頼の8割が削除へ - 拡散前に早期相談を
「児童ポルノ」は要請の9割、「リベンジポルノ」は7割が削除に - SIA
2013年第1四半期のAndroidマルウェアが20万件超える - 前年同期の17倍
有害情報配信IPは前月比1.5倍となる12億 - トレンドマイクロ調査
約8億IPから有害情報が発信 - トレンドマイクロのスパムマップ配信国ランキング
バレンタイン便乗スパムが横行、巨大ボットネットは1日あたり70億通を配信 - メッセージラボ調べ
ホットラインセンター、違法情報や有害情報の通報が倍増 - 検挙の例も
ハイテク犯罪の相談は詐欺や悪質商法が約3割 - 警視庁
携帯向けフィルタリングサービスの利用者は342万件に - 半年で約1.6倍