Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でサイト登録者のアドレスが流出 - 滋賀の人材派遣会社

人材派遣業やタウン誌の発行を手がけるビイサイドプランニングは、同社が運営するウェブサイトの登録者にメールを配信した際、操作ミスによりアドレスが流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、同社が運営するウェブサイト「vivical滋賀」の登録者297人へ送られた、サイトリニューアルのお知らせメール。9月11日17時6分に配信した際、送信先のアドレスを誤って宛先へ入力したため、受信者同士でメールアドレスが確認できる状態となった。アドレス以外の個人情報は含まれないという。

誤送信判明後、同日19時過ぎに対象となる登録者に報告と謝罪を行い、誤送信メールの削除を依頼した。同社では、サイト上に謝罪を掲載するとともに、スパムメールやフィッシングメールを受信した場合の対策について説明するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2009/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県