Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約1万2000件含む伝票綴りが所在不明に、正確な件数は把握できず - 西京銀行

西京銀行において、顧客情報約1万2000件が記載された伝票綴りが所在不明になっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、同行山口支店が保管していた2006年9月分および2008年5月分の伝票綴り。推定約1万2000人分の氏名、住所、口座番号、取引金額などが含まれるが、顧客の特定や正確な件数の把握は困難だという。

過去の取引確認のため伝票を調査していたところ9月3日に判明した。不正利用の報告なども確認されておらず、同行では不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高く、外部に流出したおそれは低いと説明している。

(Security NEXT - 2009/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし
取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
中学校で生徒の個人情報が所在不明に - 堺市
印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり
患者情報含む廃棄書類が運搬中に飛散 - 都内病院で
修理工事の領収証控が所在不明、誤廃棄の可能性 - 東京ガス
動物取扱責任者の変更届出書などを紛失 - 大阪府
住民の個人情報含む書類を紛失 - 杉戸町