Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約1万2000件含む伝票綴りが所在不明に、正確な件数は把握できず - 西京銀行

西京銀行において、顧客情報約1万2000件が記載された伝票綴りが所在不明になっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、同行山口支店が保管していた2006年9月分および2008年5月分の伝票綴り。推定約1万2000人分の氏名、住所、口座番号、取引金額などが含まれるが、顧客の特定や正確な件数の把握は困難だという。

過去の取引確認のため伝票を調査していたところ9月3日に判明した。不正利用の報告なども確認されておらず、同行では不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高く、外部に流出したおそれは低いと説明している。

(Security NEXT - 2009/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構