Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム開発向け「疑似個人情報」を生成できるソフト - 口座やカード番号も

People to People Communicationsは、架空の個人情報を生成するソフト「PPDGen:疑似個人情報ジェネレータ」を9月25日より発売する。

同ソフトは、システム開発のテストに利用できる架空の個人情報を生成する製品。統計データに基づいて1度に300万件の疑似個人情報が生成できる。氏名や住所、生年月日のほか、クレジットカード番号や口座番号など16種のデータが生成することが可能。

管理画面から生成データの選択やカスタマイズが容易に行える。専用ウェブサイトからのライセンス販売で、1ライセンス込みのStandard Editionが2万9800円、20ライセンス込みのEnterprise Editionが7万9800円。

(Security NEXT - 2009/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
日本ユニシス、撮影映像を記録しない映像解析サービス
TKC、マイナンバーカードを社内業務で活用