Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給者の個人情報含む書類が盗難 - 野田市

千葉県野田市の職員が盗難に遭い、生活保護受給世帯に関する情報が記載された書類を盗まれたことがわかった。

被害に遭ったのは、生活保護受給者119人の氏名、住所、電話番号など個人情報を含む書類。9月18日、社会福祉課の職員が自宅へ持ち帰る途中、立ち寄った店の駐車場で車上荒らしの被害に遭ったという。

同市では被害届を提出、対象となる受給者に対し説明と謝罪を行った。同市では、5月に事故が発生しており、持ち出し禁止など対策を進めている最中だった。同市では今回の事故を受け、個人情報保護の状況を調べ、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
保健所公用車が車上荒らし被害、動物の苦情処理簿を紛失 - 三重県
職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市