Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給者の個人情報含む書類が盗難 - 野田市

千葉県野田市の職員が盗難に遭い、生活保護受給世帯に関する情報が記載された書類を盗まれたことがわかった。

被害に遭ったのは、生活保護受給者119人の氏名、住所、電話番号など個人情報を含む書類。9月18日、社会福祉課の職員が自宅へ持ち帰る途中、立ち寄った店の駐車場で車上荒らしの被害に遭ったという。

同市では被害届を提出、対象となる受給者に対し説明と謝罪を行った。同市では、5月に事故が発生しており、持ち出し禁止など対策を進めている最中だった。同市では今回の事故を受け、個人情報保護の状況を調べ、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
県立高校で解答用紙が盗難、教諭が買い物途中に - 埼玉県
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 東洋大
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
保育所児童の個人情報含む資料が盗難 - 福岡市
持ち出した小学校児童の個人情報が盗難 - 杉並区