Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スキャンした統計から安全性を診断するノートン最新版 - 2人用「2コニコパック」やUSB版も

シマンテックは、同社セキュリティ対策ソフトの新製品「ノートンインターネットセキュリティ2010」と「ノートンアンチウイルス2010」を発売した。

090917sy.jpg
「ノートンインターネットセキュリティ2010」と「同2コニコパック」

今回発売となる最新版では、ふるまい検知機能を強化した「SONAR 2」にくわえ、レピュテーションによるマルウェアを検知する「ノートンインサイトネットワーク」をあらたに搭載。

同機能ではクラウドベースの新技術「Quorum」を活用しており、ファイルの作成した日時やダウンロード元、デジタル署名、普及度など同社がスキャンした実績の統計情報からファイルの安全性を診断することができる。

そのほか、あらたにインストールしたり実行するファイルの安全性を事前に報告する「ノートンダウンロードインサイト」やPC上で検出した脅威情報を表示する「ノートンスレットインサイト」を提供。PCのイベント情報を提供し、システムのパフォーマンスを「ノートンシステムインサイト」を用意している。

さらに「ノートンインターネットセキュリティ」では、エンタープライズ向けの製品で採用するスパム対策エンジンを搭載したほか、検索結果でウェブサイトの安全性を表示する「ノートンセーフウェブ」を利用できる。

価格はオープンプライスで、3台まで利用することが可能。また2人で利用できる「ノートンインターネットセキュリティ2010 2コニコパック」や「ネットブックエディション」のほか、10月2日には「USBメモリ版」をラインナップに追加する予定。

(Security NEXT - 2009/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース