Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デロイトトーマツリスクサービスと日本CA、ID、アクセス管理分野で協業

デロイトトーマツリスクサービス(DTRS)と日本CAは、セキュリティ事業におけるアイデンティティおよびアクセス管理分野において提携した。

両社は今回の提携を通じ、DTRSのアイデンティティ管理など内部統制のノウハウと日本CAのIDやアクセス管理に関連したソリューションを活用し、コンサルティングサービスを展開する。

ID管理とアクセス管理構築のフレームワークを提供やアクセス制御製品「CA Access Control」、シングルサインオン製品「CA SiteMinder」、アイデンティティ管理製品「CA Identity Manager」の導入など、企業におけるセキュリティ対策を支援する。

(Security NEXT - 2009/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
冷蔵庫内の片付けできる人は職場データも整理できる傾向?
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増