Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSHやRDPによる暗号通信の操作ログを取得する監査製品 - ディアイティ

ディアイティは、SSHなど暗号化通信を監視し、操作ログを取得できるセキュリティアプライアンス「SSH Tectia Guardian」を10月1日より発売する。

同製品は、フィンランドのSSH Communications Securityが開発したセキュリティ対策製品。SSHやRDPの通信におけるコマンド実行やファイル操作のログを取得、管理でき、保管された操作内容を動画として再生することができる。

またログデータについては暗号化した状態で保存。閲覧や動作設定の変更には2人の責任者の承認が必要となるなどセキュリティへ配慮した。価格は1029万円で、本体と25サーバ接続ライセンスが付属する。

(Security NEXT - 2009/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」