Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSHやRDPによる暗号通信の操作ログを取得する監査製品 - ディアイティ

ディアイティは、SSHなど暗号化通信を監視し、操作ログを取得できるセキュリティアプライアンス「SSH Tectia Guardian」を10月1日より発売する。

同製品は、フィンランドのSSH Communications Securityが開発したセキュリティ対策製品。SSHやRDPの通信におけるコマンド実行やファイル操作のログを取得、管理でき、保管された操作内容を動画として再生することができる。

またログデータについては暗号化した状態で保存。閲覧や動作設定の変更には2人の責任者の承認が必要となるなどセキュリティへ配慮した。価格は1029万円で、本体と25サーバ接続ライセンスが付属する。

(Security NEXT - 2009/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
JPCERT/CC、「Emotet」感染チェックツール「EmoCheck」を公開
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション