Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベント案内メール誤送信で顧客のアドレス流出 - 近畿労金

近畿労働金庫は、顧客向けのイベント案内メールを送信した際、誤って送信先の全アドレスが表示された状態で誤送信したと発表した。

誤送信が発生したのは、9月12日16時49分に一斉送信された「船場まつり開催のお知らせ」メール。ろうきんギャラリー心斎橋でこれまでアンケートに回答した137人へ配信したが、担当者の人的ミスによりすべての送信先アドレスが表示された状態で送られた。

送信したメールが届いたのは105人で、32人に関しては宛先不明で送信できなかったという。同労金では、対象となる顧客に説明と謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2009/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県