Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリ脆弱性診断サービスのメニューを追加 - インフォリスクマネージ

インフォリスクマネージは、ウェブアプリケーションの脆弱性診断サービス「WebSiteScan Pro」のサービスメニューに2パッケージをあらたに追加した。

同サービスは、ウェブアプリケーションの脆弱性を診断するもので、今回あらたに価格を抑え、短期間に診断を実現する2つのパッケージを追加した。

「WebSiteScan Pro ライト」は、ツールによる自動診断と手動診断を併用して、1URL単位で脆弱性診断を実施する。価格は1URLあたり1回84万円。9月30日までは、57万7500円のキャンペーン価格で利用できる。

また「WebSiteScan Pro ファンクション」は、ログイン機能など個別の機能を対象に脆弱性診断が行うのが特徴で、技術者が手動で行う。また、診断が必要な機能の選定作業をコンサルタントがサポートするサービスをオプションとして用意した。価格は1機能あたり31万5000円/回。

(Security NEXT - 2009/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応