Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリ脆弱性診断サービスのメニューを追加 - インフォリスクマネージ

インフォリスクマネージは、ウェブアプリケーションの脆弱性診断サービス「WebSiteScan Pro」のサービスメニューに2パッケージをあらたに追加した。

同サービスは、ウェブアプリケーションの脆弱性を診断するもので、今回あらたに価格を抑え、短期間に診断を実現する2つのパッケージを追加した。

「WebSiteScan Pro ライト」は、ツールによる自動診断と手動診断を併用して、1URL単位で脆弱性診断を実施する。価格は1URLあたり1回84万円。9月30日までは、57万7500円のキャンペーン価格で利用できる。

また「WebSiteScan Pro ファンクション」は、ログイン機能など個別の機能を対象に脆弱性診断が行うのが特徴で、技術者が手動で行う。また、診断が必要な機能の選定作業をコンサルタントがサポートするサービスをオプションとして用意した。価格は1機能あたり31万5000円/回。

(Security NEXT - 2009/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ