Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo! JAPAN」のフィッシング攻撃が複数発生 - フィッシング対策協議会が注意喚起

ヤフーを装ったフィッシング攻撃が複数確認された。フィッシング対策協議会では、誤って個人情報を提供しないよう注意を呼びかけている。

ヤフーが提供するオークションサービス「Yahoo!オークション」のユーザーを狙った攻撃で、「重要なお知らせ」として会員情報の更新を求め個人情報を入力させる手口。

氏名や住所、電話番号といった個人情報のほか、クレジットカードやセキュリティコード、3Dセキュアのほか、秘密の質問や答えといった情報など取得しようとする。

14日の時点でいずれも稼働しており、JPCERTコーディネーションセンターが閉鎖させるため調査を進めている。同様の攻撃は、たびたび同協議会により報告されており、前回も8月上旬に確認されている。

(Security NEXT - 2009/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple