Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo! JAPAN」のフィッシング攻撃が複数発生 - フィッシング対策協議会が注意喚起

ヤフーを装ったフィッシング攻撃が複数確認された。フィッシング対策協議会では、誤って個人情報を提供しないよう注意を呼びかけている。

ヤフーが提供するオークションサービス「Yahoo!オークション」のユーザーを狙った攻撃で、「重要なお知らせ」として会員情報の更新を求め個人情報を入力させる手口。

氏名や住所、電話番号といった個人情報のほか、クレジットカードやセキュリティコード、3Dセキュアのほか、秘密の質問や答えといった情報など取得しようとする。

14日の時点でいずれも稼働しており、JPCERTコーディネーションセンターが閉鎖させるため調査を進めている。同様の攻撃は、たびたび同協議会により報告されており、前回も8月上旬に確認されている。

(Security NEXT - 2009/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング
千葉銀装うフィッシング攻撃 - 「不正画面の事例」リンクでも偽サイトへ誘導
「au」を装うフィッシング攻撃 - 複数バリエーション出回る