Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アリコ、カード情報の流出件数を1万8184人分と特定 - 委託先からデータへ不自然なアクセス

生保大手のアリコジャパンは、7月に顧客の個人情報の流出が判明し、一部でクレジットカード情報が不正利用が発生していた問題で、流出経路や規模などを明らかにした。業務委託先による犯行の可能性が高いという。

同社調査によれば、今回の調査で流出が特定されたのは、1万8184人分のクレジットカード情報。2008年の2月末から3月中旬までに作成された2種類のファイルから抽出されていた。

アリコのコンピュータ上には、2008年2月26日から4月10日までファイルが存在しており、プログラムを利用してデータを抽出したり、直接コンピュータへコピーするなどして、外部へ持ち出されたと見られている。

抽出元となったファイルには、氏名や住所、電話番号、契約内容などは含まれていなかったが、カード会社による不正利用の照会件数は、9月11日の時点で4292件にのぼっている。

さらに今回の調査で、問題のファイルに対して、期間中に業務委託先の社内から複数回にわたり、不自然なアクセスが行われていたことが判明。アリコでは、すでに関わった可能性がある業務委託先の従業員については、個人を特定できていないものの数名に絞り込んでおり、刑事告訴も視野に入れ、詳細を調べている。

同社によれば、流出経路を特定するにあたり、100人以上の体制で1800万件のファイルについて調査を実施したという。流出経路が特定したのを受け、組織における責任の明確化や業務プロセスのルール変更によるアクセス制限の強化など再発防止対策を進める。

(Security NEXT - 2009/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
委託先が保護者500人宛のメールで誤送信 - 名古屋市