Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

50店舗で6912件の個人情報紛失が判明 - 中央三井信託銀

中央三井信託銀行は、店舗において顧客情報を記載したローン関連書類を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、ローンに関する仮審査申込書やローン借入申込書、提携先不動産業者制定事前審査申込書、個人情報の取り扱い同意書などで、社内調査により50店舗で紛失が判明した。

これら書類には、氏名や住所、電話番号、生年月日、勤務先のほか、収入や負債額、借り入れ希望額など、2007年4月から2009年6月までの顧客に関する個人情報6912件が記載されていた。

不正利用などは確認されておらず、同銀では、不正に持ち出された形跡はなく、誤って廃棄した可能性が高いと結論づけている。

(Security NEXT - 2009/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県