Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オレンジソフト、メール添付ファイルの暗号化製品に新ハイエンドモデル

オレンジソフトは、メールの添付ファイルをサーバ上で暗号化するセキュリティアプライアンス「BRODIAEA safeAttach HX2」を発売した。

同製品は、添付ファイルを暗号化することによりメール経由の情報漏洩を防止するセキュリティアプライアンス。従来販売していたハイエンド向けモデル「BRODIAEA safeAttach HA」の後継にあたり、1UサイズでCPUにXeon 5500シリーズ2機を搭載。ハードディスク容量を1Tバイト、メモリを8Gバイトへ拡張した。

同社によれば、旧製品からメール配送性能が最大2倍になったという。電源の冗長化にも対応している。価格は315万円で保守費用が別途必要。

また同社では、同シリーズ向けソフトウェアを12月にバージョンアップする計画。バージョンアップにより、本文の暗号化や強制的にBCCを用いる機能、AES 256ビットへの対応などが予定されている。

(Security NEXT - 2009/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品