Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オレンジソフト、メール添付ファイルの暗号化製品に新ハイエンドモデル

オレンジソフトは、メールの添付ファイルをサーバ上で暗号化するセキュリティアプライアンス「BRODIAEA safeAttach HX2」を発売した。

同製品は、添付ファイルを暗号化することによりメール経由の情報漏洩を防止するセキュリティアプライアンス。従来販売していたハイエンド向けモデル「BRODIAEA safeAttach HA」の後継にあたり、1UサイズでCPUにXeon 5500シリーズ2機を搭載。ハードディスク容量を1Tバイト、メモリを8Gバイトへ拡張した。

同社によれば、旧製品からメール配送性能が最大2倍になったという。電源の冗長化にも対応している。価格は315万円で保守費用が別途必要。

また同社では、同シリーズ向けソフトウェアを12月にバージョンアップする計画。バージョンアップにより、本文の暗号化や強制的にBCCを用いる機能、AES 256ビットへの対応などが予定されている。

(Security NEXT - 2009/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース