Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最短3営業日で脆弱性レポートを提供する新サービス - 三菱総研DCS

三菱総研DCSは、短期間にウェブアプリケーションの脆弱性を診断、評価する「DCSソースコード診断サービス」を提供開始した。

同サービスは、ソースコードについて同社内でスキャンを実施し、調査結果をレポートとして提供するもの。開発言語は、「JSP」を含む「Java 1.3」から「同1.6」までをはじめ、「.NET」「Visual Basic/ASP」「PHP 5.0」に対応している。

同サービスの「クイック・サービス」では、フォーティファイ・ソフトウェアの「FORTIFY SCA」によるレポートを最短3営業日で提供することが可能。価格は29万4000円から。

上位メニューとして同社エンジニアによる分析も踏まえた診断報告書を提出する「スタンダード・サービス(60万9000円から)」、さらにユーザーの環境へ「FORTIFY SCA」をインストールして調査を行い、分析を行う「アドバンスド・サービス(126万円から)」を用意。それぞれ最短6営業日、7営業日で脆弱性の分析結果を提供する。

(Security NEXT - 2009/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA