Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「OpenSSL」利用者へアップデート呼びかけ - 2005年公表の脆弱性が未対応のケースも

情報処理推進機構(IPA)は、「OpenSSL」の旧バージョン利用者に対して、最新版へのアップデートを促す注意喚起を行った。

同ソフトウェアは、OpenSSL Projectが開発するオープンソースソフトウェア。SSL通信や暗号鍵の作成などに利用されている。同機構によれば、2008年11月ごろから旧バージョンを利用するウェブサイトに関する届け出が増加しているという。

2005年10月に弱い暗号化通信方式を利用する「バージョンロールバック」の脆弱性が明らかになり、アップデートが提供されているが、依然として同脆弱性が解消されていないケースが、民間企業が50件をはじめ、地方公共団体も27件く、政府機関9件など2009年8月末までに88件に上っている。

「OpenSSL」では、前記脆弱性以外にも、複数の脆弱性に対してアップデートが公開されている。IPAでは、未修整の脆弱性が攻撃の対象になる可能性があると指摘。最新版へアップデートを行うよう注意を呼びかけた。

OpenSSL
http://www.openssl.org/

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大