Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「OpenSSL」利用者へアップデート呼びかけ - 2005年公表の脆弱性が未対応のケースも

情報処理推進機構(IPA)は、「OpenSSL」の旧バージョン利用者に対して、最新版へのアップデートを促す注意喚起を行った。

同ソフトウェアは、OpenSSL Projectが開発するオープンソースソフトウェア。SSL通信や暗号鍵の作成などに利用されている。同機構によれば、2008年11月ごろから旧バージョンを利用するウェブサイトに関する届け出が増加しているという。

2005年10月に弱い暗号化通信方式を利用する「バージョンロールバック」の脆弱性が明らかになり、アップデートが提供されているが、依然として同脆弱性が解消されていないケースが、民間企業が50件をはじめ、地方公共団体も27件く、政府機関9件など2009年8月末までに88件に上っている。

「OpenSSL」では、前記脆弱性以外にも、複数の脆弱性に対してアップデートが公開されている。IPAでは、未修整の脆弱性が攻撃の対象になる可能性があると指摘。最新版へアップデートを行うよう注意を呼びかけた。

OpenSSL
http://www.openssl.org/

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性