Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究室で盗難が発生、学生の成績情報など含むHDDが被害に - 京都大

京都大学は、法学研究科の研究室において盗難が発生し、学生149人分の成績情報などを保存した外付けハードディスクが盗まれたことを明らかにした。

被害に遭ったハードディスクには、2007年度および2008年度における同大共通科目の受講者のべ149人分の成績を含む個人情報が保存されていた。8月31日未明から9月2日未明にかけて何者かが研究室に侵入し、持ち去ったと見られている。

同大学では、9月4日に被害届を提出。対象となる学生に対し事実説明と謝罪を行っている。また同研究科の教職員に対し、部屋の施錠や情報管理を適切に行うよう注意喚起を行った。

(Security NEXT - 2009/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
紛失した市営住宅の入居者名簿を回収 - 大村市
市営住宅の入居者名簿が所在不明 - 大村市
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府