Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

充実したセキュリティ機能へ関心薄いコンシューマー

トレンドマイクロは、2日にコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター2010」をリリースした。

同日メディア向けに開催した発表会で同社は、「ウイルスバスター2009」の販売本数が当初の目標だった950万ユーザーを上回る1000万ユーザーに到達し、富士キメラ総研における調査結果において国内でシェアトップを達成したことをアピールした。

こうした発表会では、市場戦略や新製品の特徴が披露される。すでに新製品の特徴についてはニュースで報じているのでそちらに譲るが、発表会のマーケティング戦略に関する説明でコンシューマーユーザーの特性に関する興味深いデータが示されたので紹介したい。

コンシューマーがセキュリティ対策ソフトにおいて重視するポイントについて同社が7月に調査を実施したもの。調査結果を見ると、「とても重要である」とされる要素は「安心」がトップ、次が「軽快」だった。いずれも6割から7割のユーザーが回答している。性能の高さも3位に続くが、一方で「機能の豊富さ」は8位でわずか15%、「やや重要である」との回答をくわえても5割強にすぎない。

(Security NEXT - 2009/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立