Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリが所在不明に - 筑波メディカルセンター病院

筑波メディカルセンター病院において、患者情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、院内で利用されている業務用のメモリ。8月4日から6日にかけて実施されたCTおよびMRI検査に関する情報が保存されており、患者44人の氏名、患者番号、性別、生年月日、診療科、検査依頼部位、検査依頼目的、検査依頼医師名などが含まれる。

8月7日8時30分ごろ、職員が患者情報をデータベース用パソコンに移すためメモリを使用したが、翌8日17時ごろ、別の職員が同じ業務を行おうとしたところ紛失が判明した。

同院では対象となる患者に対し、個別に文書を送付して説明と謝罪を行った。メモリ内の情報が不正に利用されたという報告は確認されていないという。今後は院内で利用するUSBメモリの暗号化など再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町