Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤配信で顧客のアドレス流出 - 紙の輸入販売代理店

石が原料の紙を輸入、販売するTBMは、メールマガジンを配信した際、誤って配信先のアドレス525件が表示された状態で送られたことを公表した。

誤送信が発生したのは、8月27日14時9分に配信したメールマガジン。操作ミスにより、宛先に顧客525人のメールアドレスを記載して送信した。配信後に顧客から指摘を受けて問題が判明。14時44分に対象となる顧客にメールで連絡し、説明と謝罪を行った。

流出したアドレスの悪用は確認されていないが、同社では受信者に架空請求など注意喚起を行っている。メール送信前の確認やテスト送信の徹底、社内規定の整備など再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2009/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館