Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多要素認証が可能でスタンドアロンで動作するSSOソフト - 日本セキュアジェネレーション

日本セキュアジェネレーションは、スタンドアロン環境でシングルサインオンを実現する認証ソフト「SecuMAP SA」を9月7日より提供開始する。

同製品は、指紋やICカードなど多要素認証に対応しており、ウェブサイトやファイルサーバなど複数のシステムへシングルサインオンを実現するソフトウェア。スタンドアロン環境で動作する。

IDやパスワードは暗号化して管理し、シングルサインオンへ対応していないシステムへのログインでも、ドラッグ&ドロップで入力可能。PCの利用ログを取得することもできる。

価格は7350円/ライセンスで、5ライセンスから提供する。

(Security NEXT - 2009/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版
デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化
クラウド認証サービス「Gluegent Gate」が「Box」対応
HDE、クラウド向けセキュリティ強化サービスでサポート対象を拡充
クラウドとオンプレミスのログイン認証を一元管理する「RSA Via Access」
GMOグローバルサイン、ID管理やSSOをクラウドで提供