Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DTMマガジンのDVDに「Win32/Induc.A」が混入 - 収録ソフトの感染が判明

寺島情報企画が発行するデスクトップミュージックの専門誌「DTMマガジン2009年9月号」の付録DVDにウイルスが混入していたことがわかった。

同誌DVDに収録されたドネーションウェア「Mo’Verb」が、「Win32/Induc.A」に感染していたもの。同ウイルスは、開発環境「Delphi」に感染し、開発されたソフトも同様に感染するのが特徴で、今回感染が判明した同ソフトも「Delphi」で開発されていた。

同社によれば、収録する7月にウイルスチェックを実施したものの、検知されず8月8日に発売。8月20日にウイルスの存在が明らかとなり、25日にウイルス感染について読者から指摘を受けて判明したという。

同社では、書店に配本された在庫について返本するようアナウンスを行い、ウイルスを除いたDVDへの交換を実施する。

(Security NEXT - 2009/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4種類のランサムウェア復号ツールをあらたに公開 - Avast
ランサム対策プロジェクトが拡大中 - あらたに4社が復号ツール
「Embarcadero Delphi」と「C++Builder」の「VCL」に脆弱性 - 作成アプリにも影響
有料SMSを送る「Android.SmsSend」亜種が急増、8月に22種検知 - Dr.Webレポート
Delphi5開発ソフトをスパイウェアとして誤検知する不具合 - アンラボ
偽セキュリティソフトに感染させる「Bredolab.gen」があらたにランクイン - マカフィーレポート
8月登場の複数新種ウイルスがトップ10圏内に - トレンドマイクロ週間ランキング
「CAPTCHAテスト」を感染者に肩代わりさせるウイルスを確認 - Dr.Webレポート
IEやOfficeの脆弱性を悪用した攻撃が増加 - Kasperskyまとめ
汚染された「Delphi」開発環境で作成された「PE_INDUC.A」が3位へ上昇 - トレンド週間ランキング