Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自のブラックリストでマルウェア配布サイトへの接続をブロック - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ウェブアクセス時のセキュリティ対策機能を提供する「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」に、「マルウェア防御オプション」を追加した。

同サービスは、同社データセンターに設置したゲートウェイサーバにより、ウイルス対策やフィルタリング、ログ機能などウェブ経由の脅威へ対応する統合サービス。

今回追加した「マルウェア防御オプション」では、ウェブアクセス時のURLをブラックリストと照らし合わせ、マルウェアの配布サイトなどへの接続を遮断するもの。同社のマルウェア活動観測プロジェクトで独自に解析、収集しているリストを活用した。

サービス開始当初は、無償の試験サービスとして展開し、2009年度内を目処に正式サービスへ移行する予定。

(Security NEXT - 2009/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
クラウド基盤活用したマルウェア検疫サービス - インテック
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応
PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス