Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年間の長期レポートに対応した「LanScope Cat6」最新版

エムオーテックスは、長期レポート機能をあらたに搭載したネットワークセキュリティツールの最新版「LanScope Cat6 Ver 6.3.0.0」を、9月28日より発売する。

同製品は、資産管理やアプリケーションの稼働管理、プリントログの収集、ファイル配布など実現するネットワーク管理製品。サーバ監視や不正PC検知、ウェブアクセスの監視などオプションとして追加できる。

今回発売となる最新版では、マイクロソフトの「Silverlight 3」で開発された長期レポート機能があらたに搭載。5年間の長期ログ保存に対応したことで、長期間のリスク分析が可能になった。5年分のログから「期間」「部署」「37のアラーム」を条件に問題抽出することができる。

またvPro テクノロジー搭載端末に対応したほか、ファイル配布機能が強化された。価格は、10ライセンス込みの標準パッケージで39万4800円から。

(Security NEXT - 2009/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic