Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年間の長期レポートに対応した「LanScope Cat6」最新版

エムオーテックスは、長期レポート機能をあらたに搭載したネットワークセキュリティツールの最新版「LanScope Cat6 Ver 6.3.0.0」を、9月28日より発売する。

同製品は、資産管理やアプリケーションの稼働管理、プリントログの収集、ファイル配布など実現するネットワーク管理製品。サーバ監視や不正PC検知、ウェブアクセスの監視などオプションとして追加できる。

今回発売となる最新版では、マイクロソフトの「Silverlight 3」で開発された長期レポート機能があらたに搭載。5年間の長期ログ保存に対応したことで、長期間のリスク分析が可能になった。5年分のログから「期間」「部署」「37のアラーム」を条件に問題抽出することができる。

またvPro テクノロジー搭載端末に対応したほか、ファイル配布機能が強化された。価格は、10ライセンス込みの標準パッケージで39万4800円から。

(Security NEXT - 2009/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立