Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IWI、オフィス文書の暗号化や操作ログを取得する「EUCSecure」を発売

インテリジェントウェイブは、ExcelやWord、PDFファイルを暗号化したり、利用制限を付与できる「EUCSecure」を10月5日より発売する。

同製品は、クライアントPCにインストールすることでファイルの暗号化や複号化が行えるセキュリティソリューション。閲覧や編集、印刷など利用権限を設定することができる。またファイル操作のログを取得することが可能で、サーバによりログを取得し、操作履歴の管理や閲覧が可能となる。

10月5日よりExcel形式に対応した「EUCSecure機能限定版」を提供し、2010年1月にWordやPDFに対応した「EUCSecure」をリリースする予定。1月に提供するバージョンより利用期限にも対応する予定。

50クライアントまで対応するEUCSecure機能限定版が1ログサーバあたり105000円。EUCSecureが315000円。クライアントプログラムは無償提供される。

(Security NEXT - 2009/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース