Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信や交付ミスなど複数の個人情報関連事故を公表 - 横浜市

横浜市は、8月8日から8月14日までに発生した誤送付をはじめとする個人情報に関連した複数の事故を公表した。

戸塚区では、こども家庭支援課が8月7日に児童手当消滅通知書50通を発送したが、一部が封が行われず発送された。氏名や住所、所得額、不要人数など含まれており、住民から指摘を受けた同市では、訪問して郵便物の紛失がないことなどにより確認、文書で謝罪した。

一方安全管理局では、8月4日に記者発表した新型インフルエンザの集団発生に関するメールを送信した際にミスが発生。職員に送信するところアドレス帳の内容が古いままでさらにCCを利用して送信したことから、関係ない送信先へメールアドレス5件が流出したもの。外部から指摘を受け判明したという。

また保険年金課において8月10日に別人の国民健康保険高額療養費支給申請書を誤交付した事故をはじめ、行政運営調整局では特別徴収税額通知書を入力ミスにより別の事業者へ誤送付した問題が同日に判明。長津田地域ケアプラザでは、12日に通所介護サービス記録書を誤って返却する事故が発生した。

(Security NEXT - 2009/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
市運営施設の指定管理者がメール誤送信 - 大阪市