Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガードとITレスキューが協業、UTMを活用したリモート監視サービス

ITレスキューは、中小企業市場向けにリモート監視サービス「RESCUE Watcher」を、9月1日より開始する。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンとITレスキューが、UTM販売分野で協業したことにより実現したもの。両社は今回の協業により、ウイルスやスパム対策、フィルタリング機能を実現するウォッチガードの中小企業向けUTMソリューション「Firebox X Edge」の市場展開を強化する。

ITレスキューでは、同UTMと管理ツールである「WatchGuard System Manager」を組み合わせ、リモート監視サービス「RESCUE Watcher」を提供。同サービスでは、専任担当者がいない中小企業やSOHOなどの需要に対応する。月額利用料は2500円から。

(Security NEXT - 2009/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供
CITS、Clavister製UTMのフルタイム保守サービスを開始