Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち出しPCのウェブフィルタリングや不正アプリの起動を阻止する新製品 - デジタルアーツ

デジタルアーツは、組織から持ち出されたPCにおいて社内と同様のポリシーにてフィルタリングを実現する「i-FILTER EndPoint Controller」を9月24日に発売する。

同製品は、従業員が持ち出したPCに対し、「i-FILTER」で設定したポリシーによるウェブへのアクセス制限が行えるソフトウェア。アクセスログや検索語を記録することも可能で、ログを「i-FILTER」で分析することができる。

さらに使用を許可していないアプリケーションの起動を防止する機能を搭載した。価格は、100人規模の組織で利用する場合で31万000円から。

(Security NEXT - 2009/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム