Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームの盗難アカウント、闇市場では300円以下から入手可能

マルウェアなどにより盗まれたオンラインゲームのアカウントは、闇市場において300円弱から取り引きされていることがわかった。

G DATA Softwareの研究機関がブラックマーケットでの取引動向などを調べたもので、海外ではほとんどのタイトルについて、アカウントが日本円にすると300円以下から入手可能だという。

また米Blizzard Entertainmentが提供する世界的な人気ゲーム「World of Warcraft」では、盗まれたIDが700円弱から最大でも4000円前後で取り引されていた。ゲームの数やキャラクターのレベル、アイテム数などにより値段が変動するという。

ゲームユーザーのなかには、パフォーマンスを優先させるため、ファイアウォールやセキュリティ対策ソフトを停止させたりするケースもあり、マルウェアに感染した場合、アカウントの盗難あど気がつかない間に被害に合っているという。

国内で人気があるタイトルについては、攻撃の対象とはなっていないものの、今後被害に遭わないようセキュリティ対策ソフトの設定状況など確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」