Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームの盗難アカウント、闇市場では300円以下から入手可能

マルウェアなどにより盗まれたオンラインゲームのアカウントは、闇市場において300円弱から取り引きされていることがわかった。

G DATA Softwareの研究機関がブラックマーケットでの取引動向などを調べたもので、海外ではほとんどのタイトルについて、アカウントが日本円にすると300円以下から入手可能だという。

また米Blizzard Entertainmentが提供する世界的な人気ゲーム「World of Warcraft」では、盗まれたIDが700円弱から最大でも4000円前後で取り引されていた。ゲームの数やキャラクターのレベル、アイテム数などにより値段が変動するという。

ゲームユーザーのなかには、パフォーマンスを優先させるため、ファイアウォールやセキュリティ対策ソフトを停止させたりするケースもあり、マルウェアに感染した場合、アカウントの盗難あど気がつかない間に被害に合っているという。

国内で人気があるタイトルについては、攻撃の対象とはなっていないものの、今後被害に遭わないようセキュリティ対策ソフトの設定状況など確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
ゲームプレイを強要するランサムウェア - データ欠損で復号不可のケースも
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も