Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームの盗難アカウント、闇市場では300円以下から入手可能

マルウェアなどにより盗まれたオンラインゲームのアカウントは、闇市場において300円弱から取り引きされていることがわかった。

G DATA Softwareの研究機関がブラックマーケットでの取引動向などを調べたもので、海外ではほとんどのタイトルについて、アカウントが日本円にすると300円以下から入手可能だという。

また米Blizzard Entertainmentが提供する世界的な人気ゲーム「World of Warcraft」では、盗まれたIDが700円弱から最大でも4000円前後で取り引されていた。ゲームの数やキャラクターのレベル、アイテム数などにより値段が変動するという。

ゲームユーザーのなかには、パフォーマンスを優先させるため、ファイアウォールやセキュリティ対策ソフトを停止させたりするケースもあり、マルウェアに感染した場合、アカウントの盗難あど気がつかない間に被害に合っているという。

国内で人気があるタイトルについては、攻撃の対象とはなっていないものの、今後被害に遭わないようセキュリティ対策ソフトの設定状況など確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
「Google Play」上に広告収入狙いのアドウェアが300件以上流通