Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ColdFusionにクロスサイトの脆弱性、アップデートが公開

Adobe Systemsが提供するウェブアプリの開発環境「ColdFusion」に深刻な脆弱性が見つかった。同社では、脆弱性を解消するプログラムの提供を開始している。

「ColdFusion 8.0.1」やそれ以前のバージョン、および「JRun 4.0」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることが判明したもの。任意のコードが実行される可能性があり、同社では脆弱性を解消するアップデートの提供を行っている。

今回の脆弱性は、ユービーセキュアが同社製品を通じて発見し、情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターがAdobeと調整を行ったという。

Security Update: Hotfixes available for ColdFusion and JRun
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb09-12.html

Adobe Systems
http://www.adobe.com/

(Security NEXT - 2009/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降