Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」がサイトを公開

「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」のウェブサイトが公開された。

同協議会は、テレコムサービス協会や日本音楽著作権協会、日本インターネットプロバイダー協会などISPや著作権の関連団体が参加し、ファイル共有ソフト経由の著作権侵害などの問題へ取り組む団体。

警察庁が開催する有識者による「総合セキュリティ対策会議」の報告書の提言を受けて2008年5月に設置され、ISPによる警告メールの送信やISPアカウントの停止、著作権者から発信者への損害賠償請求などについて検討を進めている。

今回設置されたウェブサイトでは、協議会や活動内容の説明のほか、ファイル共有ソフト「Winny」の利用に関する問題や、著作権に関する説明など紹介。さらに同協議会ではメールによる注意喚起活動を展開しており、権利者による侵害行為の調査や確認し、ISPが啓発メールを送信する取り組みを実施している。

ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)
http://www.ccif-j.jp/

(Security NEXT - 2009/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院