Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」がサイトを公開

「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」のウェブサイトが公開された。

同協議会は、テレコムサービス協会や日本音楽著作権協会、日本インターネットプロバイダー協会などISPや著作権の関連団体が参加し、ファイル共有ソフト経由の著作権侵害などの問題へ取り組む団体。

警察庁が開催する有識者による「総合セキュリティ対策会議」の報告書の提言を受けて2008年5月に設置され、ISPによる警告メールの送信やISPアカウントの停止、著作権者から発信者への損害賠償請求などについて検討を進めている。

今回設置されたウェブサイトでは、協議会や活動内容の説明のほか、ファイル共有ソフト「Winny」の利用に関する問題や、著作権に関する説明など紹介。さらに同協議会ではメールによる注意喚起活動を展開しており、権利者による侵害行為の調査や確認し、ISPが啓発メールを送信する取り組みを実施している。

ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)
http://www.ccif-j.jp/

(Security NEXT - 2009/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性