Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsとMacに対応したログ監視ソフトがバージョンアップ

インテリジェントワークスは、パソコンの操作ログを収集、解析できる「コンテンツウォッチャー・スマート2」を8月下旬に発売する。

同製品は、Windowsをはじめ、Mac OS XやMac OS 9を搭載したクライアント環境にも対応するログ監視ソリューション。ファイルやアプリケーションの操作、プリンタのログを収集、解析が可能で、操作ログの表示やポリシー違反した端末への傾向など行えるほか、ソフトウェアやフォント管理を行うことも可能。

今回のバージョンアップにより、情報の取得やアップデートの際のHTTPSによる通信に対応したほか、オフライン時の操作情報についてもオンライン時にサーバへ接続し収集することができるようになった。

また「ディスクフル検索機能」により、接続した外部ディスクの情報を取得することができる。1000台以上の環境に対応する負荷分散機能を搭載したほか、VMwareによる仮想化環境についても対応した。ログ監視や資産管理などモジュールごとに導入することができる。

(Security NEXT - 2009/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品