Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「危険」なウェブサイトが急増、フィッシングサイトは10倍に - セキュアブレインまとめ

セキュアブレインは、7月に同社が提供するセキュリティチェックサービスで検知した不正サイトの情報を取りまとめた。

同レポートによれば、7月に「危険」と判断されたウェブサイトの件数は2637件で、6月の1539件から183.6ポイントの増加となった。脅威別に見ると、トップは「ワンクリック不正請求」の1263件で、5月、6月に続き高い水準だった。

一方、2位の「フィッシング詐欺」は655件で、6月の63件から10倍以上に急増。「大手検索エンジンを騙った日本語のフィッシング詐欺サイト」の急増がおもな原因で、全フィッシングサイトの71%を占める467件が検知されている。同社の調査によれば、複数のURLが使われており、特に7月17日以降はほぼ毎日、新しいURLが利用されていた。

3位は「不正改ざんサイト」の540件で、6月の283件から大幅に増加している。ウイルスによる改ざんサイトの急増が原因で、7月には改ざんサイトの29%を占める157件が検知された。「偽ソフトウェア」や「不正攻撃サイト」なども、件数は少ないが6月と比較して急増を見せており、同社では今後も注意が必要と指摘している。

(Security NEXT - 2009/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
子どものスマホ利用、アプリなど利用制限する保護者は4割以下
不正広告経由で脆弱性攻撃サイトに900万件のアクセス
急増するTLD、一部は危険サイトの巣窟に
国内法人でランサムウェアの被害が深刻化 - 共有ファイルが人質に